楽しい鎌倉

たのかま

教恩寺きょうおんじ

教恩寺

中座山教恩寺。時宗。藤沢山清浄光寺(遊行寺)末。
延宝六年(1673年)、材木座の光明寺境内にあった教恩寺が、この大町の地に移築された。
源平合戦で敗れた平重衡は、鎌倉に連行された際に源頼朝から阿弥陀如来像を与えられ、平家一門の冥福を祈るため阿弥陀如来を深く信仰し帰依した。教恩寺のご本尊は、この重衡ゆかりの阿弥陀如来像と伝えられている。

教恩寺の記事

Follow me

Tumblr