楽しい鎌倉

たのかま

2014年1月8日

花びら餅は、新年のお楽しみ![美鈴]

地図

箱を開けたら、バタバタしていた正月が、ゆったり落ち着いた気分のお正月になりました。

鎌倉 美鈴の花びら餅

鎌倉の御菓子所・美鈴に、1月の初めにだけ登場する「花びら餅」です。
「花びら餅」は、もともとは平安時代の宮中の正月行事の食べ物だったものが、だんだんと形を変えてお菓子になったものなのだとか。明治の頃から、新年の茶席用のお菓子として広く作られるようになったそうで、今や、お正月を感じさせてくれるお菓子の定番ですよね。

 

鎌倉 美鈴の花びら餅
▲味噌餡には紅色の、小倉餡には白の練り切りを薄く延ばしたものが、求肥と餡の間にはさまれています。透けて見える色合いがきれいです。

すべすべした求肥は、表面に艶を感じるほどで、ぽてっと本当になめらかです。中の餡がうっすら透けています。白さと透明感が、お正月らしい清々しさで心が引き締まります。

「花びら餅」は、白味噌の餡にごぼうを挟んだものがきまりですが、美鈴では小倉漉し餡のものも作っています。
ごぼうはしっかりと蜜で煮てあって、柔らかくてクセのない口当たり。ごぼうの風味がアクセントになり、白味噌のちょっと塩気の効いた濃密な餡とすばらしい組み合わせ!
小倉漉し餡とごぼうも意外なほどしっくりよくなじみ、味噌餡とは全く違ったあっさりした味わいが楽しめます。

 

鎌倉 美鈴の花びら餅
▲求肥もごぼうも透明感があります。

もともと白味噌の餡で、京のお菓子「花びら餅」。
美鈴では、東風に仕上げて鎌倉らしいお菓子になっています。
味噌餡はお抹茶で、小倉餡はお煎茶にあわせるのがいいかと思います。

 

関東では「甘いものは好きだけど味噌餡は苦手」という人がけっこういますね。甘みの濃い白味噌になじみがない人が多いですし。そういうお客さんの声をえて、美鈴でも小倉漉し餡の「花びら餅」を作るようになったそうです。
美鈴のちょっとずんぐりした「花びら餅」は、姿形も東育ちって雰囲気がします。小倉餡の「花びら餅」は西方の人には違和感アリだとは思いますが…美味しいもんっ! 2種類楽しめてお得だなーとうれしくいただきました!


小倉餡とごぼうって、合うなぁ…2月のお菓子は「をさの音」というごぼうと餡のお菓子なんですが、めちゃくちゃ待ち遠しくなってきましたよ。

Follow me

Tumblr