楽しい鎌倉

たのかま

2014年10月18日

スナック感覚で楽しむ朝どれアジフライ[腰越漁港]

地図

腰越漁港が新しくなりました!

一般の人も楽しめる遊歩道や展望スペースができたり公衆トイレができたり、いろいろあるんですが……注目いちばんは朝どれフライの販売です

鎌倉 腰越漁港の朝どれフライ
▲メニューはフライのみ! 腰越漁業組合事務所では、ワカメなどの海産物も買えます。

フレッシュになった漁港で、超絶フレッシュなアジフライをいただきます

真夜中に漁港を出た漁船が、夜明け前に水揚げ。午前中に、アジやカマスをここでさばいてフライにして売っているんです。販売開始は午後1時。この日は大アジ200円、カマス150円でしたが、時期や捕れるお魚の大きさなんかでお値段は多少変動するそうです。

 

鎌倉 腰越漁港
▲腰越漁業組合事務所。

腰越漁業組合事務所に入ると、テーブルとイスがあって、ソース、醤油、マヨネーズ、塩が用意されています。レストランじゃないので、ご飯とか、定食とかそういうものはありません。

お魚のフライを、スナックみたいな感覚で楽しみます! カウンターで欲しいフライの種類と枚数を伝えると、たいがいその場で揚げてくれる感じですね。ほとんど作り置きしていない…というより、作り置く間がないぐらい売れてました。

鎌倉 腰越漁港の朝どれフライ
▲近所の人が「アジ10枚、カマス10枚!」みたいな感じで買いに来てました!

鎌倉 腰越漁港の朝どれフライ
▲大きなアジフライ! 最初の一口は、ソースとかつけないで食べると、きっと感動します!

食べてみると、衣がサクサク、魚の身はホクホクというか、ふわふわというか、なんというか口の中でとけちゃうみたいな軽い食感でした。美味い! いままで食べたことのないアジフライ!!

2、3枚ペロッといけちゃいそう! やばい!!

この日は、グッとこらえてその場でアジフライを1枚だけ食べて、その後アジフライ、カマスフライを数枚ずつお持ち帰りにしました。夜ごはんのおかずにしたんですが、冷めても美味しかったです

 

鎌倉 腰越漁港
▲キラキラの波の向こうに、江ノ島。雲がなければ、富士山が見えるはず!

鎌倉 腰越漁港
▲港全体が見渡せます。

鎌倉 腰越漁港
▲もちろんシラスも水揚げ!

鎌倉 腰越漁港
▲ひと仕事終えた漁船。

新しくなった腰越漁港の防砂堤は、海に向かう遊歩道になっていて展望スペースから江ノ島がどーんと望めます。
ここで、アジ&カマスフライを肴に、ビール飲んだら良さそう…と思うかもしれませんが、それはかなり危険です! どこからともなくトンビの群れがやってきて、フライめがけて急降下してきますからね! 空を見上げて、「今ならトンビいないから大丈夫!」と思っても、フライを取り出したら数秒で見つけられちゃいます。

 

揚げたてフライを食べるなら、建物の中で! お持ちかえりもオススメです!!

 

腰越漁港は、江ノ電・腰越駅から歩いてすぐ! 2、3分で着いちゃいます。

近くにシラス丼のお店が何軒もあるので、ランチをこのあたりですませて漁港の遊歩道をぶらぶらしておやつにフライってのがいいでしょう! 揚げたてのひとくちめは、素のままか塩がいいですよー。

鎌倉 腰越
▲線路と道路が一体化!

江ノ電の腰越駅から江ノ島駅に向かう線路は、しばらくの間、クルマの走る道路の真ん中をドーンと通ってます。

電車の中からの風景も面白いけれど、腰越から江ノ島に向かって、この線路と一緒の道を歩くのも楽しい! 電車がやってくるとクルマが端によって道を開けたり、信号で止まってる電車とクルマの間を、人や自転車が通り抜けていったりしています。

Follow me

Tumblr