楽しい鎌倉

たのかま

2014年4月9日

花々が咲きそろった鎌倉の花まつり

4月8日は花まつり。

お釈迦さまの生誕をお祝いするお祭りです。お寺の境内に花御堂と呼ばれる、春の花々で飾った小さなお堂が作られます。

 

長谷寺

鎌倉 長谷寺の花まつり
▲色どり華やか、ちょっと豪華な花御堂です。

長谷寺では、大黒堂の前にある釈迦像の前に花御堂が作られていました。

すぐ脇にある大きな桜の木は、ちょうど満開の花の散り始め。桜の花びらが舞う中で、花御堂にお参りする人たちが列を作っていました。春らしい陽射しが降り注ぎ、花まつりという名にふさわしい華やかな雰囲気がいっぱいでした。

鎌倉 長谷寺の花まつり
▲今年は、満開の桜の下で花まつりとなりました。

鎌倉 長谷寺の花まつり
▲小さな柄杓で小さな仏さまに甘茶を注ぎます。

花御堂におまつりした誕生仏に、甘茶を注いでお祝いします。なんとなく緊張するような、うきうきするような、晴れやかな気持ちになります。


お釈迦さまの足を型どった仏足石にも、水盤に見たてるように椿の花がたっぷり活けられていて、はっとする鮮やかさです。

鎌倉 長谷寺の花まつり
▲桜の花びらが落ちてきます。

 

光則寺

鎌倉 光則寺の花まつり
▲光則寺らしい洗練された花御堂です。

光則寺の花御堂は、すっきりとおしゃれに仕立てられていました。いつもは静かな境内が多くの人で賑わい、ちょっと混雑気味。ちょうど、このお寺の一番の人気者、樹齢200年の海棠が満開を迎えていて、境内は柔らかいピンク色の花が溢れるようです。
桜の花は淡く儚いイメージの美しさですが、海棠は丸い花びらが幾重にもしっかりと咲く花で、枝先に濃い緑の葉も見えて、春の活力を感じるようないきいきとした美しさですね。

鎌倉 光則寺の海棠
▲大きく枝を広げ、枝垂れるように咲く樹齢200年の海棠。

鎌倉 光則寺の花まつり
▲みーんな、写真を撮ってます!

どこで、どの方向にカメラを構えても、シャッターを切れば、必ず海棠の花が写ります!

光則寺の境内には、主役の樹齢200年の海棠のほかにも、良く花をつけた海棠が何本かあります。花の形や色合い、咲き加減がぴたりとそろって、圧倒的なボリューム感がすばらしい! こじんまりとしたお寺全体が、ピンクの花で飾られた花まつりの花御堂になっているようで、本堂前に安置された誕生仏も、ひときわ満足気に見えました。

 

鎌倉 花まつり

光則寺の門前にある幼稚園にも、花御堂が設えられていました。小さな子どもたちにあわせて、低い台に乗せられているのがなんとも可愛らしい!


花まつりは、鎌倉中のあちこちのお寺で行われています。昨年の4月8日は、もうすっかり葉桜になってましたが、今年は桜が散り始めで花びらの舞う花まつりでした。

この日は、長谷に出かけてみたんですが、ミツバツツジや木瓜、山吹、桃、ショカツサイ、シャクナゲなど、あちこちで見かけました。春の花がそろって、一段と美しい鎌倉の花まつりの日になりました。

Follow me

Tumblr