楽しい鎌倉

たのかま

2014年9月10日

仲秋の名月を楽しむ

今年の十五夜は9月8日。残念なことに、この日はにわか雨の降る曇天の夜でした。

翌日、9月9日は、ちょっと雲はあったけれど昼間よく晴れて、宵の口には良い十六夜(いざよい)の月が出ていました。

鎌倉 仲秋の名月
▲午前零時、南中の満月。お月見の支度をしてみました。

今年は、十六夜の月が満月で、しかも、月がふだんよりも、ちょっぴり大きく見えるスーパームーン なるほど、月の光も明るかったかも!

夜が更けていくにしたがって、だんだんと雲が増えてきてしまいました。雲がどんどん流れていて、雲間からときおり月が現れて、さぁーっと白く輝いてはまた雲隠れ……。いい感じに月が姿を現したときに、写真を取ろうとしたんですが、すぐに雲がやってきてしまいます!
薄い雲に包まれてぼんやりと輝いたり、濃い雲がかかって形を変えたり、いろんなお月様の姿が楽しめたので、雲があったのも、まぁ良しということで

ちょっぴり肌寒いぐらいで、ここ数年、9月はムシムシ残暑だったことを思うと、なんとも気持ちのいいお月見の夜でした!

鎌倉 仲秋の名月
▲午後8時ごろは、すっきりと姿が見えていました。

鎌倉は都心部に比べたら、かなり夜が暗いので月を楽しむのに適してると思います。
月が低い時間帯は山の稜線に浮かぶ姿がきれいです。高い時間帯は海岸に出てみて!
海の上に月が輝き、海面に月明かりの道 “ムーンロード” が現れますよー。


鎌倉 長島家のお饅頭
▲小町通り 長島家のお饅頭「白うさぎ」と「野うさぎ」。お月見にぴったりのかわいさ。

南中した高いところにいるお月様を、写真に撮ってみようとしたんですが、夜が更けるにしたがって雲が厚くなってしまいました。海辺にも行ってみるつもりで張りきっていたんですが、断念、残念…。次のお月見、十三夜は10月6日、忘れないようにしなくっちゃ!
日が暮れると、かなり涼しい風が吹いて秋らしさいっぱいです。虫の声も良く聞こえるので、日が暮れるまでぶらぶら歩きたいです。小町通りなどのお土産屋さんは6時頃に閉まってしまうのがほとんどですが、鶴岡八幡宮は午後9時まで参拝できるんですよー! 十三夜の月を、八幡宮境内から眺めたらすてきかも!

Follow me

Tumblr