楽しい鎌倉

たのかま

2013年5月22日

頼りになる御祭神、権五郎神社(御霊神社)

地図

江ノ電の長谷駅から、少し歩きます。
権五郎神社は江ノ電の線路ぎりぎりのところに鳥居があるので、江ノ電に乗っていて車窓から(長谷駅と極楽寺駅の間に)鳥居を見つけて、気になる人も多いんじゃないかと思います。

 

鎌倉 権五郎神社(御霊神社)

権五郎神社の正式な名称は、御霊神社といいます。平安時代後期の創建といわれる古い神社で、御祭神は鎌倉権五郎景正(延久元年/1069年生まれ)という実在の坂東武者です。

もともとは、平安時代後期に鎌倉一帯を治めていた大庭・梶原・長尾・村岡・鎌倉という平氏一族五家の祖先を祀る「五霊神社」が建てられ、それが “五霊” → “御霊” に変化。そしていつしか、武勇の誉れ高い鎌倉権五郎景正ひとりを祀る神社になったようです。
この鎌倉権五郎景正という人物は、16歳で源義家(頼朝の高祖父)に従い後三年の役(1083年~1087年)に出陣して大活躍しました。後三年の役の様子を描いた「後三年合戦絵詞」の中に、猛々しい若武者ぶりが描かれています。


「後三年合戦絵詞」の第二段に登場します。
相模國住人、鎌倉權五郎景正といふ者あり。先祖より聞えたかき兵(つはもの)なり。

年わづかに十六歳にして、おほいくさの前にありて、命をすてゝたゝかふ間に、征矢にて右の目をいさせつ。首をいつらぬきて、かぶとのはちつきのいたにいつけられぬ。矢をおりかけて当の矢を射て敵をいとりつ。
さて、後しりぞき帰て、かぶとをぬぎて、景正、手負にたりとて、のけざまにふしぬ。

同国の兵、三浦の平太郎為次といふものあり。これもきこえたかきものなり。
つらぬきをはきながら、景正が顔をふまへて矢をぬかむとす。
景正、ふしながら刀をぬきて、為次が草ずりをとらへて、あげざまにつかんとす。
為次、おどろきて「こはいかに。などかくはするぞ」といふ。
景正云様「弓箭にあたりて死は、兵の望所なり。いかでか生ながら足にてつらをふまるゝことはあらん。しかじ、汝をかたきとして我こゝにてしなむ」といふ。
為次、舌をまきていふことなし。膝をかゞめ、顔をおさへて矢をぬきつ。おほくの人、これを見聞。景正が高名いよいよならびなし。

 

後三年合戦絵詞 鎌倉権五郎景正
▲「後三年合戦絵詞」では、おっさんっぽく描かれてしまいましたが、16歳!

戦いの中で右目を射られた景正は、刺った矢を折り取って射返し、敵を倒します。さらに、自陣に戻って、目に折れ残った矢を抜こうと、仲間が顔に足をかけると…、
「矢にあたって死ぬのは武者として望む所だが、生きながら顔を踏まれるのは許さん! お前を仇として刺し違えて死んでやるっ!」
と、言い放つ16歳! 質実剛健の男子ここにあり! 神様として祀りたくなるのも当然です!!

江戸時代には、除災招福、眼病平癒の神様として信仰を集めるだけでなく、ヒーローとしても人気が高まりました。武者絵として浮世絵に描かれたり、歌舞伎の演目「暫(しばらく)」で、鎌倉権五郎景正の名前が使われたりしました。


境内には、御祭神・景正公ゆかりの物もあります。

鎌倉 権五郎神社(御霊神社)袂石、手玉石
▲「袂石」(右)約60kg。「手玉石」(左)約105kg。軽々と手に取ったとか!

鎌倉 権五郎神社(御霊神社)弓立ての松
▲「弓立ての松」
古株が残るのみですが、かなりの大木だったことがわかります。

領地の見回りでこの地を訪れたときに弓を立てかけたと言われる「弓立ての松」。人並み外れた力の強さを伝える「袂石(たもといし)」と「手玉石」。これらを目にすると、800年もの間、多くの人々に慕われてきた鎌倉権五郎景正という人物に親近感がわいてきます!
正式には御霊神社という名称でも、やっぱりここは権五郎神社と呼びたいです!

 

鎌倉 権五郎神社(御霊神社) 
▲電車の通過はちょっとしたイベントです! 

飾り気のない雰囲気の境内ですが、社の後ろに広がる山の緑がうっそうとしていて、ここにある木々はなんだかエネルギッシュな感じに見えます!
鳥居を出たところすぐに江ノ電の踏切があって、電車が通過するときには遮断機が下り、カンカンと警音が響きます。その様子も威勢が良くて、お参りすると気力充実、元気が出てきちゃう神社です。
ここ一番がんばらなきゃ!ってときに、頼りになりそうー。

 

鎌倉 権五郎神社(御霊神社)のアジサイ 
▲紫陽花の小道。茂った葉の中に蕾をつけていますよ!

長谷・極楽寺エリアには、紫陽花の名所が何か所もあります。権五郎神社の裏手にも、紫陽花の小道があるんですよ! このあたりは土の性質のせいか紫陽花の色が鮮やかになるみたい。木陰を好む紫陽花がいきいきと育っています。

線路の両脇にもたくさん紫陽花があるので、お花見スポットとしても要チェックです。

Follow me

Tumblr