楽しい鎌倉

たのかま

2017年4月4日

谷戸の奥、ゆったりと咲く枝垂れ桜[光則寺]

地図

2017年、鎌倉の桜の開花はとてもゆっくり。

ソメイヨシノに先駆けて、長谷の光則寺では枝垂れ桜が満開となりました

鎌倉 光則寺の枝垂れ桜
▲大きく枝を広げる枝垂れ桜。ソメイヨシノが咲く前に満開を迎え、風格を漂わせていました。

可愛らしい山門におおい被さるように枝を広げる枝垂れ桜。逞しさを感じさせるダイナミックな枝ぶりに、繊細な花がふわりと咲きます

ここ数年、台風が運んでくる潮水の影響があったのか、花の数が少なくなってきたように感じていたのですが、今年はすっかり木の勢いが回復したようです。

 

光則寺の門前の参道には、ソメイヨシノがずらりと並んでいます。ようやく三分咲きほどになったソメイヨシノたちを引き連れるかのように、枝垂れ桜が堂々と咲いていました

鎌倉 光則寺の枝垂れ桜
▲山門を繊細な桜色で彩ります。

鎌倉 光則寺
▲裏山の土牢へ向かう途中、山門と枝垂れ桜の向こうに海が見えます。

 

境内では、海棠が濃いピンク色のつぼみをまるまると膨らませて、枝先ではいくつか花開いていました。今年の海棠の見頃は、門前のソメイヨシノと重なりそう。とってもゴージャスな春になりますね

谷戸を囲む山の中で、ヤマザクラが咲くと、風にのった花びらが境内に落ちてきますよ〜。

鎌倉 光則寺の海棠
▲樹齢200年を越える海棠。今年もみっちりとつぼみをつけています。

鎌倉 光則寺の海棠
▲海棠が咲く頃が、光則寺が最も賑わう季節です。

ミツマタやスミレなど、春らしさいっぱいの花々も次々に咲き、

光則寺の境内は、谷戸の奥の花の園そのものの風情でした。

鎌倉 光則寺のミツマタ
▲鞠のようにまるく花が広がったミツマタ。

鎌倉 光則寺のスミレ
▲花が終わった梅の下で、スミレがたくさん咲いてます!

鎌倉 光則寺の枝垂れ桜
▲いつも混雑ぎみの長谷の中で、光則寺には静けさがあります。

 

4月2日の日曜日、光則寺の参道で、『さくら縁日』が開かれました。

鎌倉 はせのわ「さくら縁日」
▲ソメイヨシノは三分咲き。お花見気分は満開で全開!

長谷や由比ガ浜の飲食店など、ご近所さんのお店が露店を出していました。焼き鳥屋さん、和食やイタリアン、タイ料理、お寿司屋さん…いろんな種類のお弁当や、スイーツもいろいろ もちろん、ビールや日本酒もあって、お花見メニュー全開!

テーブル席やシートを敷いたお花見席も用意されていて、花の満開はまだだけど、満腹で満足なお花見ができました

 

山の中から聞こえて来るウグイスの声にまじって、ジュッジュッ、ジュッという元気な鳴き声……見上げたら、ツバメ!!

鎌倉のツバメ
▲ちょこっと一休みのツバメさん。

カップルが2組、みんなで4羽のツバメが頭上をスイスイ飛び回っていました。寒い日が続いていたけれど、この日は温かな晴天で、ツバメさんたちも嬉しそう。巣作りの場所を物色中で大忙しなのかもしれませんが、とっても楽しそうな飛び回りっぷりに、見ているだけで心うきうき 

春になったことを、しみじみと実感しました。

Follow me

Tumblr