楽しい鎌倉

たのかま

2014年3月10日

北鎌倉で買う、きっぷのいい稲荷ずし[光泉]

地図

北鎌倉駅の改札を出て、左手にUターンする勢いで曲がると、「江戸このみ 名物 稲荷すし」の文字が目に入ります。隠れているわけじゃないけど、知らないと見つかりません。


北鎌倉 光泉

折り詰めの持ち帰り専門のお店です。稲荷ずしのみの折りと、巻物が入っている折りとの2種類、メニューはこれだけ、いたってシンプル!


店内が暗めで、お店の人も営業スマイル全開なタイプじゃないので、ちょっとドキドキしますが、江戸前のしゃきっときっぷのいい稲荷ずしが買えますので、ご心配なく!
注文を受けてから作るので、最短でも15分、タイミングによって待ち時間が1時間ぐらいになってしまうこともあります。なので、北鎌倉駅を降りたらまず注文、受け取る時刻を約束しておいて近くを散策するのがいいかと思います。

北鎌倉 光泉の稲荷ずし
▲どちらの折りも650円。

紐掛けのきっちりした包みがかわいらしい。
開けると、どっしり詰まっている稲荷ずし! 
口に入れると、油揚げからじゅわーっと甘めの汁が広ります。しっかりしてるけど濃くはない、油揚げの味がちゃんとする味付けです。
具などは一切入っていません。酢飯のみの稲荷ずしなんですが、この酢飯が光泉の稲荷ずしの特徴と言えます!
酢の効き加減は軽めで、ジューシーな酢飯ですがお米の一粒一粒がしっかりしていて、全くべたべたしてません。パラパラとすぐにほぐれます。甘い油揚げと、すっきりした食感の酢飯がちょうどよく合わさって、食べてくほどに美味しくなっていく稲荷ずしです。

 

北鎌倉 光泉
▲キュートなきつね!

海苔巻きも、良い海苔を使ってしっかり巻いてあります。かっぱとかんぴょうの、海苔巻きの基本みたいな海苔巻きです。

稲荷ずしも海苔巻きも、とても丁寧につくられていて、丁寧に折り箱に詰めて包装してあります。

丁寧なんだけど、やりすぎなところがなくて気が効いている…まさに江戸好み!

 

桜の頃になったら、光泉の稲荷ずし持って源氏山公園でお花見が楽しいですね!
食べ飽きない稲荷ずしなので、稲荷ずしだけでも満足できる、でも、海苔巻きがあると変化があって楽しいし…。たった2種類の折り詰めで、基本は稲荷ずしと決まってるのに、悩んじゃう。

北鎌倉 光泉

電話で予約することもできるようです。

営業時間は午後4時までになっていますが、週末や休日は1時過ぎに売り切れてしまいます。
この日は、12時頃にお店に行って、1時半に取りに行くと約束しました。で、取りに行ったときには「売切れました」の看板が出てましたよ。

Follow me

Tumblr