楽しい鎌倉

たのかま

2017年1月30日

毎月一度きりの特別なランチ[円覚寺 如意庵茶寮 安寧]

地図

円覚寺の如意庵茶寮・安寧では、毎月第2土曜日にランチをやってます!

※かなりの人気で、予約が必要です!

円覚寺如意庵茶寮 安寧のランチ
▲香り高い焙じ茶をいただいて、お膳が来るのを待ちます。

円覚寺如意庵茶寮 安寧のランチ
▲寒椿が添えられたお膳、目にも満足。

円覚寺如意庵茶寮 安寧のランチ
▲デザートは「金柑クレープ」、米粉を使ったもっちりした生地と、金柑の爽やかさがベストマッチ。

風情のあるお庭を眺めながらの土曜日の昼食。

外の空気は冷たく冬の景色ですが、ランチをいただく如意庵の本堂は心地よく暖められ、席に着いたらほっとしました。

 

焙じ茶と一緒に、今日の献立を受け取ります。この献立表は、如意庵の和尚さんが一枚ずつ手書きしたものだそうです。目を通していたら、期待が高まると同時にお腹がすいてくる…


「花むすび膳」は、精進料理のお膳です。

「菜げんちん汁」は、胡麻油の香ばしい香り。細かくそぼろになった豆腐に、青菜が絡まってボリューム感のあるお汁でした。

油揚げの中にいろんな食材の美味しさがつまった「開運つつみ」。海苔をあしらった山芋がほっこり、さっくりの「山芋揚げ」……食べていて気づいたんですが、これって見た目が牡蠣フライみたいなんですよ!

そして、おかわりできる「黒豆ごはん」は、ごはんと「かぶ浅漬け」だけでもどんどんお箸が進んじゃうっ! もうちょっと食べたいという煩悩が湧いてくる、なかなか罪なご飯です。

 

精進料理って、仏教の教えにに基づいて作られたお料理だから地味なイメージありますが、工夫や演出が散りばめられていて、調理した人の気持ちというかサービス精神みたいなものが伝わってきます ちなみに、如意庵の和尚さんが手づからお料理なさってるんだそうですよ

 

1月2週目の土曜日。陽射しの少ない寒い日でしたが、お腹も心もぽぉっと暖まる冬らしいお膳をいただきました。窓の外の木々は葉を落とし、竹林も少しあせた色合い。その中で、つやつやした葉の中に、濃い紅色に咲く寒椿が印象的でした。

円覚寺如意庵茶寮 安寧
▲外は冬の景色。室内は心もお腹もぽかぽかです。

円覚寺如意庵茶寮 安寧
▲静かな本堂で、ゆったりとお昼ご飯を楽しみました。

 

月1回の特別ランチ「花むすび膳」は、毎回、季節の食材に合わせて献立が変わります。

お庭に咲く花も変わっていき、季節ごとに体験したくなるスペシャルなランチです。

円覚寺如意庵茶寮 安寧
▲玄関脇では梅が咲き始めていました。

円覚寺如意庵茶寮 安寧
▲一瞬差した陽射しに草木が輝きます。

 

お天気の良い日に路地を歩いていたら、木の塀に織物のような模様がついてるのを発見!

鎌倉のヒロズミノガ
▲苔の緑に不思議な模様。

調べてみたら、ヒロズミノガという小さなミノムシのような虫が苔を食べた跡らしいです。……なんですが、インターネットの情報では、このヒロズミノガが活動するのは初夏〜夏ぐらいだとのこと。

鎌倉の強い陽射しに照らされて、この木塀はかなりポカポカだったので、起き出してお食事したんでしょうか? 虫が苦手な人は、ギャー!ってなっちゃうかもしれないけれど、暖かい陽射しに虫たちも動き始めたと思うと、ますます春を感じます。

 

年明けごろはそんなに寒くないなと思っていたら、猛烈な寒波が来て、そのあと春一番かと思うような強風の日があったり、気温が20℃近くまで上がる日があったり。人間は身体の調子がヘンになりそうですが、草木はしっかり春に向かって芽吹いています。梅の花の見頃も近づいてきました。

Follow me

Tumblr