楽しい鎌倉

たのかま

荏柄天神社えがらてんじんしゃ

見どころナビ

主祭神は学問の神様、菅原道真公。絵柄山天満宮とも称される。
平安時代後期の創建。長治元年(1104年)、雷雨と共に、立派な巻物が荏畑(エゴマの畑)の中に降りて来た。見てみると、黒装束で天を睨む天神の姿があったので、人々はこれを恐れて、この場所に社殿を建てたのが始まりと言われている。
源頼朝が鎌倉に幕府を開いてからは、幕府の鬼門の守護としてあつく崇敬された。
境内には100本を越える梅の木があり、早春の頃、紅白、一重、八重さまざまな花を咲かせる。秋は、樹齢900年と言われる大銀杏の紅葉が鮮やか。

荏柄天神社

地図

鎌倉市二階堂 74
0467-25-1772
JR鎌倉駅より徒歩約20分

拝観時間 8:30~16:30
http://tenjinsha.com/

最寄り駅からのアクセス(行き方)

現在地からのアクセス(行き方)※ルート探索にはGoogle Mapを使用しています。「現在地からのアクセス」は位置情報をGoogle Mapに送信する必要があります。

今、訪ねたい鎌倉をみる

荏柄天神社の記事